外国人技能実習制度について

###Site Name###

TOP > 外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度とは外国人労働者を一定期間に受け入れて、様々な技能を技能等を修得してもらうことで、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたものです。

このような目的からも日本が行っている国際協力・支援の一つと位置付けられています。この外国人技能実習制度のメリットはいくつかありますが、制度を通じて海外展開のきっかけとなる、最長3年しか滞在できないため、昇給等も少なくコストの負担が少なくなる、また人件費の計画を立てやすいなどがあります。

また、日本人がなかなか定着しない職場にも20~35歳の若い人材を3年間人材の確保ができるなどもあります。

信頼性の高い外国人技能実習生情報ならこちらのサイトです。

しかし、その反面デメリットもあり、この技能実習制度は期間は滞在期間が定められており、1人を3年間以上滞在させることができないため、優秀に育った実習生も滞在を延長させることができません。



また、手続きが煩雑であったり実際に配属されるまでに時間がかかることや、言語・文化・慣習が違うことによりコミュニケーション面で苦労することもあります。

また他にもこの制度を利用した様々な問題も起こっており、技能実習生の失踪や、受入企業側が長時間労働、最低賃金を下回るような賃金支払で実習生を都合良く使っているなどのケースもあります。
國際協力の一環ではありながらも、支援を行う国、技能実習生だけではなく、日本、受入企業とすべてにメリットがある制度ですから制度の趣旨を正しく理解し運用することが重要です。