レンタルサーバーの種類について

両者とも物理的なサーバーを複数人で分けることで価格が安く、 また、ハードウエアの進化で安定した稼働が期待できるようになっています。 コメンドでサーバーを操作するタイプは VPSサービスなどと呼ばれています。 サーバーの操作は難しいですが、 コマンドを理解することでできることが格段に増えます。 特にミッションクリティカルな部分も設定できるのでとても便利です。 また、CMSなどを利用する場合に プラグインを自由に選べたり、 メモリなどの設定ができるのでレンタルサーバーに合わせて最適な設定を組めることが多いです。 ただし、 セキュリティも自分で設定する必要があるので 知識は重要です。 サーバーの乗っ取りなども増えていることから コマンドを直接使えるサービスは人気が衰えてきています。 変わってレンタルサーバーで人気となっているのが ウェブから必要な部分だけを設定する方法です。 コマンドを直接うつことなく使えるのが最大のポイントです。 また、ハードウエアの進化が早いので以前のように 遅いサービスではありません。 ウェブからの設定はコマンドに くらべて機能が少ないですが、 ブログでもデータベースでも十分設定できるので 自分用の設定が組めると言われています。 また、管理者がいなくても運用できるのもうれしいところです。