割安に使う事が出来る格安SIMの魅力

割安に使う事が出来る格安SIMの魅力

日本における携帯電話所持率は非常に高く、最近では中学生でも持つ事が普通となっていますが、家族全員がスマートフォンを持っていると毎月の携帯電話利用料金は相当な額になります。

節約方法として代表的なのが割安に使う事が出来る格安SIM(格安スマホ)であり、個人で持つのはもちろんの事、家族で持つ場合は更にお得な料金になるケースもあります。

家族で持つ場合におすすめなのが、主回線と副回線を同一名義にすると所有する事が出来るシェアプランで、一部事業者が提供しています。

シェアプランの多くは、主回線を含めて2~5回線の範囲で持つ事が可能であり、10回線まで持てるケースもありますので、家族人数が多い場合は大人数で契約出来る業者のシェアプランを契約しておきましょう。

主回線でデータ通信を契約している場合は、副回線は700円の音声基本料とシェアオプション料(無料~400円程度)で済み、出来るだけ安く抑えたい場合は10GB以内のプランにしておく事をおすすめします。



格安SIMで気になる点と言えば、どんな端末を使えるかに関してですが、SIMフリー端末と呼ばれる国内・海外メーカーの製品に加えて、ドコモ回線の格安SIMの場合はドコモ端末をそのまま使う事が出来ます。



SIMカードを購入するだけでは使う事が出来ないので、契約した格安スマホ事業者では、クレジットカードの登録・運転免許証(通話音声プラン)の登録が必須な事から、家電量販店等の有人店舗で契約する場合は持参品を忘れないようにしましょう。