同じ番号を使うことができるSIM

仮想移動体通信事業者であるMVNOで新しい回線契約を結ぼうとするときに問題になってしまうのが、今まで使っていた電話番号になることがあります。

キャリアであればMNP携帯電話ナンバーポータビリティ制度を活用することによって、簡単に番号を引き継ぐことができますが、MVNOに切り替えるとそれができないように感じている人も多いです。

SIMの切り替えのときに問題になりやすいことですので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

結論から言うと、MNP携帯電話ナンバーポータビリティ制度は、キャリアだけではなくMVNOでも利用することができます。

キャリアに仮申請を行うことによって、引き継ぎをすることができますので行ってください。



よくわからない場合はキャリアの相談窓口を利用するとわかりやすくなるでしょう。


ただ手数料が掛かりますので、こればかりは仕方がありません。

支払うことによって、今まで使っていた番号を引き継ぐことが可能です。


SIMを交換するというのは、回線契約を変更することになりますので、手続きを進めないといけません。



いきなりMNPの申請を出すのも悪い選択ではありませんが、次回から使用するSIMとそのプランを決めて手元に求めてから行動を起こすのも間違いではないです。スムーズに回線契約の変更を行うために必要な知識になりますので、手順の確認もしておきましょう。


番号を引き継ぐことによって、他の人に迷惑をかけることも少なくなります。